初恋列車 歌詞 / 氷川きよし

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 検索 ランキング 新着情報
> > 初恋列車 歌詞

初恋列車

 

氷川きよし

作詞:

里村龍一


作曲:

北野明

歌詞
終着駅の 青森で
北行く船に 乗りかえりゃ
しぶきがくれの 海峡に
灯り見えます 函館の
何処にあの娘は いるのやら
夜行列車で 来たんだよ
霧がかくした 初恋を
想いだしたらヨー 逢いたくて

かもめが鳴いて 翔ぶ声が
淋しく沁みる みなと町
噂たずねて 苫小牧
ひとめ逢うまで 帰れよか
何処にあの娘は いるのやら
今日も岬に 陽が落ちる
泣いて別れた 初恋を
今じゃあの娘はヨー 忘れたか

漁火ゆれる 海沿いを
面影抱いて ゆくんだよ
釧路 室蘭 行く旅は
きっと明日も また続く
何処にあの娘は いるのやら
夜行列車が 仮の宿
胸にせつない 初恋が
北の果てまでヨー 呼ぶんだよ

公開日 : 2005-04-11
この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

氷川きよしの人気ランキング

この歌手の人気一覧を見る▶
関連動画

このエントリーをはてなブックマークに追加
amazon検索 iTunes
Hanamari(はなまり)

関連歌詞

命果てるまで
大川栄策

多度津 みなと町
水森かおり

噂たずねて
西方裕之

東京流れ雨
山本譲二

逢いたくて逢いたくてたまらない
東方神起

早春物語
安藤裕子

ひとりじゃないから
福田こうへい

北の町 みなと町
北川大介

最北シネマ
松原健之

あなたに
新垣結衣

歌詞ナビ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。
Copyright (C) 2005-2019 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.