歩く 歌詞 / ヨルシカ

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ヨルシカ > 歩く

ヨルシカ「歩く」のジャケット画像

歩く

歌手:ヨルシカ
作詞:n-buna
作曲:n-buna

今日、死んでいくような
そんな感覚があった
ただ明日を待って
流る季節を見下ろした

どうせならって思うよ
もう随分遠くに来た
何も知らない振りは終わりにしよう

確かめるように石畳を歩いた
俯きながら行く 何も見えないように

君の旅した街を歩く
訳もないのに口を出てく
昨日まで僕は眠ってた
何も知らずにただ生きていたんだ
それだけなんだ

今日、生きてるような
そんな錯覚があった
妄想でもいいんだ
君が居てくれたらいいや

悲しいような歌ばかり書く
頬を伝え花緑青
本当は全部を知っているんだ

夏の終わりだった 流れる雲を読んで
顔上げながら行く街は想い出の中

君の言葉を食べて動く
僕の口には何が見える
今でもこの眼は眠ってる
何も見えずにただ君を見てる
彷徨うように

あの丘の前に君がいる
その向こうには何が見える
言葉ばかりが口を伝う
何も知らないまま生きていたんだ
それだけなんだ

今でも、エイミー


アルバム「エルマ」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ヨルシカの人気ランキング

1 春ひさぎNEW大丈夫だよ大丈夫 寝てれば何と
2 心に穴が空いた小さな穴が空いた この胸の中心
3 負け犬にアンコールはいらない大人になりたくないのに何だか
4 ただ君に晴れ夜に浮かんでいた 海月のような
5 だから僕は音楽を辞めた考えたってわからないし 青空の
6 雨とカプチーノ灰色に白んだ言葉はカプチーノみ
7 エイミー口に出してもう一回 ギターを鳴
8 花に亡霊NEWもう忘れてしまったかな 夏の木
9 爆弾魔死んだ眼で爆弾片手に口を開く
10 ヒッチコック「雨の匂いに懐かしくなるのは何
ヨルシカの人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.