夕凪、某、花惑い 歌詞 / ヨルシカ

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ヨルシカ > 夕凪、某、花惑い

ヨルシカ「夕凪、某、花惑い」のジャケット画像

夕凪、某、花惑い

歌手:ヨルシカ
作詞:n-buna
作曲:n-buna

夏になる前にこの胸に散る花火を書いた
夜が来るから明後日の方ばかりを見てる

口に出してもう一回
八月某日を思い出して
僕には言い足りないことばかりだ

ギターを鳴らして二小節
この歌の歌詞は380字
ロックンロールを書いた
あの夏ばっか歌っていた

さよならだけじゃ足りない
君に茜差す日々の歌を
思い出すだけじゃ足りないのさ
花泳ぐ 夏を待つ
君は言葉になる

忘れないようにあの夏に見た花火を書いた
想い出の僕ら、夜しか見えぬ幽霊みたいだ

何にも良いことないんだ
この世は僕には難解だった
君が教えなかったことばかりだ

ピアノを弾いてたホール
あのカフェももう無いんだ
僕らを貶す奴らを殺したい
君ならきっと笑ってくれる

このままじゃまだ足りない
僕ら花惑う風の中を
思い出すほどに苦しいのさ
夏が来る 夢を見る
心に穴が空く

唄歌うだけじゃ足りない
君に茜差す日々の歌を
美しい夜が知りたいのだ
花惑う 夏を待つ僕に差す月明かり


アルバム「エルマ」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ヨルシカの人気ランキング

1 パレード身体の奥 喉の真下 心があるとす
2 八月、某、月明かり何もいらない 心臓が煩かった
3 だから僕は音楽を辞めた考えたってわからないし 青空の
4 負け犬にアンコールはいらない大人になりたくないのに何だか
5 爆弾魔死んだ眼で爆弾片手に口を開く
6 ヒッチコック「雨の匂いに懐かしくなるのは何
7 準透明少年凛として花は咲いた後でさえも揺
8 ただ君に晴れ夜に浮かんでいた 海月のような
9 冬眠雨の上がる校庭で昨日の花火を思
10 藍二乗変わらない風景 浅い正午 高架下
ヨルシカの人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.