花に亡霊 歌詞 / ヨルシカ

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ヨルシカ > 花に亡霊

ヨルシカ「花に亡霊」のジャケット画像

花に亡霊

歌手:ヨルシカ
作詞:n-buna
作曲:n-buna


もう忘れてしまったかな
夏の木陰に座ったまま、氷菓を口に放り込んで風を待っていた

もう忘れてしまったかな 世の中の全部嘘だらけ
本当の価値を二人で探しに行こうと笑ったこと

忘れないように 色褪せないように
形に残るものが全てじゃないように

言葉をもっと教えて 夏が来るって教えて
僕は描いてる 眼に映ったのは夏の亡霊だ
風にスカートが揺れて 想い出なんて忘れて
浅い呼吸をする、汗を拭って夏めく

もう忘れてしまったかな
夏の木陰に座った頃、遠くの丘から顔出した雲があったじゃないか
君はそれを掴もうとして、馬鹿みたいに空を切った手で
僕は紙に雲一つを書いて、笑って握って見せて

忘れないように
色褪せないように
歴史に残るものが全てじゃないから

今だけ顔も失くして
言葉も全部忘れて
君は笑ってる
夏を待っている僕ら亡霊だ
心をもっと教えて
夏の匂いを教えて
浅い呼吸をする

忘れないように
色褪せないように
心に響くものが全てじゃないから

言葉をもっと教えて
さよならだって教えて
今も見るんだよ
夏に咲いてる花に亡霊を
言葉じゃなくて時間を
時間じゃなくて心を
浅い呼吸をする、汗を拭って夏めく

夏の匂いがする

もう忘れてしまったかな
夏の木陰に座ったまま、氷菓を口に放り込んで風を待っていた


アニメーション映画「泣きたい私は猫をかぶる」主題歌


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ヨルシカの人気ランキング

1 ただ君に晴れ夜に浮かんでいた 海月のような
2 八月、某、月明かり何もいらない 心臓が煩かった
3 六月は雨上がりの街を書く窓映る街の群青 雨樋を伝う五月
4 負け犬にアンコールはいらない大人になりたくないのに何だか
5 爆弾魔死んだ眼で爆弾片手に口を開く
6 ヒッチコック「雨の匂いに懐かしくなるのは何
7 藍二乗変わらない風景 浅い正午 高架下
8 詩書きとコーヒー最低限の生活で小さな部屋の六畳
9 踊ろうぜ嗚呼、透明よりも澄み切った心で
10 五月は花緑青の窓辺から夏が終わることもこの胸は 気の
ヨルシカの人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.