ただ君に晴れ 歌詞 / ヨルシカ

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ヨルシカ > ただ君に晴れ

ヨルシカ「ただ君に晴れ」のジャケット画像

ただ君に晴れ

歌手:ヨルシカ
作詞:n-buna
作曲:n-buna


夜に浮かんでいた
海月のような月が爆ぜた

バス停の背を覗けば
あの夏の君が頭にいる

だけ

鳥居 乾いた雲 夏の匂いが頬を撫でる
大人になるまでほら、背伸びしたままで

遊び疲れたらバス停裏で空でも見よう
じきに夏が暮れても
きっときっと覚えてるから

追いつけないまま大人になって
君のポケットに夜が咲く

口に出せないなら僕は一人だ
それでいいからもう諦めてる

だけ

夏日 乾いた雲 山桜桃梅 錆びた標識
記憶の中はいつも夏の匂いがする

写真なんて紙切れだ
思い出なんてただの塵だ
それがわからないから、口を噤んだまま

絶えず君のいこふ 記憶に夏野の石一つ

俯いたまま大人になって
追いつけない ただ君に晴れ

口に出せないまま坂を上った
僕らの影に夜が咲いていく

俯いたまま大人になった
君が思うまま手を叩け

陽の落ちる坂道を上って
僕らの影は

追いつけないまま大人になって
君のポケットに夜が咲く

口に出せなくても僕ら一つだ
それでいいだろ、もう

君の想い出を噛み締めてるだけ


アルバム「負け犬にアンコールはいらない」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ヨルシカの人気ランキング

1 藍二乗変わらない風景 浅い正午 高架下
2 エルマ嘘つきなんて わかって 触れて
3 八月、某、月明かり何もいらない 心臓が煩かった
4 心に穴が空いた小さな穴が空いた この胸の中心
5 負け犬にアンコールはいらない大人になりたくないのに何だか
6 爆弾魔死んだ眼で爆弾片手に口を開く
7 ヒッチコック「雨の匂いに懐かしくなるのは何
8 準透明少年凛として花は咲いた後でさえも揺
9 ただ君に晴れ夜に浮かんでいた 海月のような
10 冬眠雨の上がる校庭で昨日の花火を思
ヨルシカの人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.