兄弟仁義 歌詞 / 氷川きよし

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 検索 ランキング 新着情報
> > 兄弟仁義 歌詞
氷川きよし「兄弟仁義」のジャケット画像

兄弟仁義

 

氷川きよし

作詞:

星野哲郎


作曲:

北原じゅん


アルバム「新・演歌名曲コレクション9 -大丈夫/最上の船頭-」収録曲

歌詞
親の血をひく 兄弟よりも
かたいちぎりの 義兄弟
こんな小さな 盃だけど
男いのちを かけてのむ

義理だ恩だと 並べてみたら
恋の出てくる すきがない
あとはたのむと かけ出す露路に
ふるはあの娘の なみだ雨

俺の目をみろ 何んにもゆうな
男同志の 腹のうち
ひとりぐらいは こういう馬鹿が
居なきゃ世間の 目はさめぬ

公開日 : 2019-06-04
この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

氷川きよしの人気ランキング

この歌手の人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加
amazon検索
Hanamari(はなまり)

関連歌詞

縄のれん
鳥羽一郎

舞鶴おんな雨
椎名佐千子

桟橋時雨
市川由紀乃

米つぶの詩
二葉百合子

偶像パラダイム
神樂蒼介(浦田わたる)&往田詩(保住有哉)

おとこの純情
辰巳ゆうと

男どうし
北島三郎・鳥羽一郎

城ヶ島雨情
長保有紀

港やど
西方裕之

酒しぐれ
原田淳

歌詞ナビ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。
Copyright (C) 2005-2019 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.