鏡五郎「長良川舟唄」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 鏡五郎 > 長良川舟唄 歌詞

長良川舟唄 / 鏡五郎
Amazonで見る

「長良川舟唄」歌詞

歌手:鏡五郎
作詞:久仁京介
作曲:山崎剛昭


流れゆく 川の水面(みなも)に
降っては消える 細雪
夏の鵜飼いの しあわせが
噂ひとつで 壊れるなんて
知らなきゃよかった 恋の裏
舟唄聞こえる 長良川
 
かがり火を 水に映(うつ)して
ふたりが燃えた 夢一夜(ひとよ)
死ぬの生きるの 嘆(なげ)く日を
誰がわかって いたのでしょうか
愛(いと)しさ憎(にく)さの 旅の宿
夜更けて木立(こだち)の 蝉しぐれ
 
夏帯(なつおび)を すすり泣かせて
解(ほど)いたあなた 水鏡
女いのちの 黒髪で
男ごころを つなぎたかった
今では独(ひと)りに 戻れない
流れの舟唄 長良川

鏡五郎の人気ランキング

鏡五郎の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.