結晶世界 歌詞 / 斉藤壮馬

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 斉藤壮馬 > 結晶世界

斉藤壮馬「結晶世界」のジャケット画像

結晶世界

歌手:斉藤壮馬
作詞:斉藤壮馬
作曲:斉藤壮馬

結晶みたいで綺麗ね
そう言って笑った きみは
けして戻らない軌道に
ゆるやかに落ちて 溶けてったのかい
閉ざされた愛の欠片
見つけたふりして 本当は
指の隙間から さらって
零れ落ちてんだ 宇宙へさ

いつかはあの星の土を
この足で踏みしめようって
夢物語はついにもう
くだらない現実と化して

グッバイとかハローだとか
そんなのどうだっていいよ
さよならを結晶世界に
閉じ込めるよ

きみはどうしてそんなふうに
月の裏側みたいに笑える?
まるでドーナツの穴のよう
たしかなものなんて ひとつもないんだ
ないんだよ

冬の朝って綺麗ね
誰かの声をきいて
それじゃあさって またね
果たされなくって 幽霊で

秘密のくちづけをしようよ
ぼくらなら きっと大丈夫
終わりのない 旅に出ようよ
怖くはないさ 大丈夫

アイノウとかハウロウだとか
そんなのは勝手にしなよ
最高のハッピーエンドを
ぶち壊すよ

きみはどうしてこんなふうに
完璧な世界に舞い降りていく?
あしあと 刻みつけたって
すぐに見えなくなる すべてがあいになる

降り積もる 雪のように
みんな そう 灰になる
ひび割れた掌じゃ
すくえない すくえない
壊れゆくマテリアル
吸い込まれ 風になる
溶けてゆく たぶん ねえ
ぼくらいま まざりあっている

きみはどうしてそんなふうに
月の裏側みたいに笑える?
まるでドーナツの穴のよう
たしかなものなんて もういらない

きみはどうしてそんなふうに
月の裏側みたいに笑えるんだい
ドーナツの穴のよう
たしかなものなんて もういらないんだ
さあ
いこう


アルバム「quantum stranger」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

斉藤壮馬の人気歌詞

1 フィッシュストーリー七色の夜を君と渡ろう そんな魔
2 影踏み気づけばどれだけ 逃げてきただ
3 スタンドアローンまるで口癖のように唱えた I'm b
4 ヒカリ断ツ雨誰のせいでもない事なら 誰が負
5 夜明けはまだ知らない名曲 溢れるダンスホー
6 スプートニク成層圏を飛び越えてく 発射オー
7 C(しーっ) いいよ 急がなくたっ
8 デラシネ春にはまだすこし早いが 元素(エ
9 sunday morning(catastrophe)冴えたやり方 ひとつ飲み込んだ
10 レミング、愛、オベリスク最後のメシアはきみの前に現れな
斉藤壮馬の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.