斉藤壮馬「影踏み」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 斉藤壮馬 > 影踏み

斉藤壮馬「影踏み」のジャケット画像

影踏み

歌手:斉藤壮馬
作詞:hotaru
作曲:yamazo

気づけばどれだけ 逃げてきただろう
ないな ないな もう見えやしないな
傷つきそうになったら 走り出してた
ないな ないな 逃げたかったんじゃないな

ずるさも不器用さもプライドも純粋な弱さも
覗かれたくないのに どこかで
わかってほしくて

追いつけないんだ その背中に
君は遠く先を行く
足りないところを見つけては
いつの間にまた 目を逸らし 走り続ける

醜い本音でも 言ってしまえなんて
ないな ないな でもありなのかもな

やさしさもお世辞もおだてるのも社交辞令も
いつだって饒舌でいられるのに
頭の中では

追いつけないんだ その背中に
君は眩しく光る
日陰を選んで 走っても
追いつけるはずないと知っても…

その後姿を追いかけるうちに気づいた
君はまるで逆さまの僕
理想の影だって

どこへ行ったんだ その背中は
君は消えてしまった
僕は一人きり 立ち止まる
追いかけるものなくなって
逃げる場所さえなくなって やっと歩き出す

ここから 遠く向こうへ…

「影踏み」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

斉藤壮馬の人気歌詞

斉藤壮馬の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.