小樽まで 歌詞 / 川中美幸

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 検索 ランキング 新着情報
> > 小樽まで 歌詞

小樽まで

 

川中美幸

作詞 : 阿久悠
作曲 : 花岡優平

歌詞

二人暮らしたマンションだけど
愛がこわれて寒々と
夢を開いた小さな鍵を
わたし どこかへ捨てに行く
日ぐれに混る小雨に打たれ
行く先探して駅の中
小樽はきっと わたしに似合う
ほろほろ泣いて 小樽まで
そう 横顔を凍らせて
 
鍵があるから こころも残る
小樽運河に捨てましょう
そして 海鳥 舞飛ぶ海を
二日見つめて 帰りましょう
北行く列車 秋から冬へ
季節を一気に走ります
小樽はきっと わたしに似合う
うつむきがちに 小樽まで
そう 掌に字を描いて

公開日 : 2018-07-05
この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

川中美幸の人気ランキング

川中美幸の人気一覧を見る▶
関連動画

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon検索

関連情報

宮良橋節〜えんどうの花
成底ゆう子

FURUSATO 〜故郷〜
KOKIA

ailes
TRUE

夕やけ小やけ
童謡

夜明けの晩
柴田淳

はぐれ恋
キム・ヨンジャ


島みやえい子

君に逢いたい
氷川きよし

旅路の女
永井裕子

浪花なさけ橋
金田たつえ

歌詞ナビ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。
Copyright (C) 2005-2019 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.