川中美幸「冬の華」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 川中美幸 > 冬の華 歌詞

冬の華 / 川中美幸
Amazonで見る

「冬の華」歌詞

歌手:川中美幸
作詞:小野田洋子
作曲:弦哲也


涙まじりの 霙(みぞれ)か雪か
頬(ほほ)を掠(かす)めて この襟(えり)濡らす
行方(ゆくえ)預けて 解(ほど)いた帯は
何を知るのか 冬の華
ひとつ想い出 あればいい
人の 人の儚(はかな)さ 知ればこそ
 
別れなみだは 化粧に隠す
隠せないのは 情念(こころ)の乱れ
見えぬ縁(えにし)に 縋(すが)ってみれば
口紅(べに)もせつない 冬の華
咲いて散りゆく ひとひらに
人の 人の哀しさ 知ればこそ
 
冬の寒さの 隣りは春よ
情愛(なさけ)・ぬくもり 袂(たもと)に包む
積もることない 消えゆく雪に
わが身重ねる 冬の華
ひとつ想い出 あればいい
人の 人の優しさ 知ればこそ

川中美幸の人気ランキング

川中美幸の歌詞一覧を見る▶

関連動画

この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.