氷川きよし「郷愁月夜」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 氷川きよし > 郷愁月夜

氷川きよし「郷愁月夜」のジャケット画像

郷愁月夜

歌手:氷川きよし
作詞:かず翼
作曲:四方章人

母は達者で おりますか
夜空にまんまる お月さん
そこから見えるか ふるさとの家
門出の朝に 祝ってくれた
赤飯はしみじみと 旨かったよな

「離れていても、見上げる月は同じ。
あぁ母さんも今夜、見てるかなぁ」

今はなかなか 帰れない
見守(まも)っておくれよ お月さん
おふくろ一人で 暮らしてる家
やるだけやれよと 持たせてくれた
お守りに入ってた 畳んだお札(さつ)

生まれ故郷の 恋しさを
分ってくれるか お月さん
浮かんで見えるよ おふくろの顔
迎えに行ける 日が来るまでは
淋しかろ辛かろが 待ってておくれ

アルバム「新・演歌名曲コレクション7 -勝負の花道-」収録曲


「郷愁月夜」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

氷川きよしの人気歌詞

氷川きよしの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.