氷川きよし「口笛の港」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 氷川きよし > 口笛の港

口笛の港

歌手:氷川きよし
作詞:かず翼
作曲:大谷明裕

船の灯りが またたいて
呼んでいるよに 泣く霧笛
港裏町 日が暮れて
今日もさすらう 身が哀し
風に流れる 口笛を
ひとり聞く

思い出すのは ふるさとの
雨に咲いてた 紅い花
うるむ火影に 背を向けて
そっとあの娘の 名を呼べば
節も懐かし 口笛が
胸に沁む

船の影さえ ぼんやりと
かすむ夜霧の 港町
早くお帰り カモメ鳥
明日はいずこか 誰が知ろ
風に千切れる 口笛の
淋しさよ

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

氷川きよしの人気歌詞

氷川きよしの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.