氷川きよし「恋の瀬戸内」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 氷川きよし > 恋の瀬戸内

氷川きよし「恋の瀬戸内」のジャケット画像

恋の瀬戸内

歌手:氷川きよし
作詞:仁井谷俊也
作曲:桧原さとし

ひと目出逢って ふた目で好きに
そんな可愛い 君だった
白壁・掘割 倉敷は
何度も行ったね 後楽園(こうらくえん)も
若さは気まぐれ 天邪鬼(あまのじゃく)
泣いて別れた 二十歳まえ

噂尾道(おのみち) 訪ねてみれば
海の香りの 港町
うず潮小路(しょうじ)に 千光寺(せんこうじ)
面影さがせば 切(せつ)なさばかり
しまなみ海道 鞆(とも)の浦(うら)
何処にいるのか あの瞳

いつか紅葉(もみじ)の 錦帯橋(きんたいきょう)に
行ってみたいと 甘えてた
鵜飼が過ぎれば 秋風が
人肌恋しい 季節が来るよ
明日(あした)は関門(かんもん) 下関(しものせき)
きっと逢えると 信じてる

アルバム「新・演歌名曲コレクション5 -男の絶唱-」収録曲


「恋の瀬戸内」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

氷川きよしの人気歌詞

氷川きよしの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.