揺れる月 蘭華 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

揺れる月  ♪  蘭華
作詞 : 蘭華
作曲 : 蘭華

あなたに恋してる 揺れる月
訪れる夜明けはどこからか
つないだ指も何もなくて 新しい朝

続いてゆく夢の中で 懐かしいあの香り
繋がってる 今はただ それだけでいい

会いたくて 会いたくて 愛を見て生きたくて
会いたくて 会いたくて この身焦がしてく

あなたに恋してる 甘い夜
濡れた首筋に口づけした
あなたの波 夢の続き 与えたい恋心

浮かび上がるあなたの影 薄明かり照らされて
その温もり 誰のため 私だけに

抱き寄せて 抱き寄せて 離れてゆかぬように
抱き寄せて 抱き寄せて この身結び付けて

あなたに恋してる 籠の鳥
火照る身体ごと連れ去って
その眼差し 触れ合う肌 愛しすぎて

あなたに恋してる 甘い夜
濡れた首筋に口づけした
あなたの波 夢の続き 与えたい恋心


ミニ情報
アルバム「東京恋文」収録曲
蘭華「揺れる月」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
蘭華の人気曲 この歌手の人気曲一覧

楽園♪波の間に間に 浮かんでは消える
ねがいうた♪会いたい 会いたい 会いたいのです
揺れる月♪あなたに恋してる 揺れる月
東京恋文♪初めて 唇重ねた日 桜の下には
愛が終わるまで♪失うもの何もない その横顔
はじまり色♪心の色を 夢に塗り重ねたの
心風景♪青き川は山を流れる 白い雲遥か先に
あなた恋し〜故郷の春〜♪遠くに霞む 故郷の空 此処で今も思う
花籠に月を入れて♪あれはいつのことでしょう
美しき人生♪思い出を 辿りつつ踏む

蘭華の新曲 この歌手の新曲一覧

揺れる月♪あなたに恋してる 揺れる月
あなた恋し〜故郷の春〜♪遠くに霞む 故郷の空 此処で今も思う
東京恋文♪初めて 唇重ねた日 桜の下には
花籠に月を入れて♪あれはいつのことでしょう
美しき人生♪思い出を 辿りつつ踏む
愛が終わるまで♪失うもの何もない その横顔
楽園♪波の間に間に 浮かんでは消える
花時♪水色の空 小さな窓 横たわるあなた
ともしび♪いつか消えゆく小さなひかり
ねがいうた♪会いたい 会いたい 会いたいのです

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ