花籠に月を入れて 蘭華 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

花籠に月を入れて  ♪  蘭華
作詞 : 蘭華
作曲 : 蘭華

あれはいつのことでしょう
こゝろ 恋い焦がれ
叶わぬ恋と知りながら 惹かれていたの

愛することも知らないまま
ひとつ、ふたつあなたを覚え
もうね、もとには戻れないのよ
どうかそばにいて どんな夜も

同じ月を見てるの 離ればなれだね
会えない月日数えてる
わたし、あなたがすき

愛することを知り始めて
ひとつ、ふたつ孤独な夜を
乗り越えてきたのはこの愛を
守ってゆきたいと願うから

愛とはとても脆いものよ
そっと、そっと壊さぬように
わたしは花籠 あなたは月
大切に包んでゆきたいの

愛することを学びました
ひとつ、ふたつ愛を重ねて
あなたの帰る場所は此処です
いつもいつまでもあなたを待つ


ミニ情報
アルバム「東京恋文」収録曲
蘭華の新着歌詞を見る⇒
蘭華の人気歌詞を見る⇒
蘭華「花籠に月を入れて」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ