おまえの噂 千葉一夫 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

千葉一夫
公式サイト
おまえの噂  ♪  千葉一夫
作詞 : 仁井谷俊也
作曲 : 宮下健治

おまえの手紙の 消印(けしいん)を
頼りにひとり 夜汽車に乗った
雨の函館 訪ねてみれば
流れて小樽に いると云う
酔って夜更けは 泣いてたと
おまえの噂が せつなく胸を刺す

つれない素振(そぶ)りで 別れたが
今なら強く この手に抱ける
北の札幌 さびれた酒場(みせ)は
飲みかけボトルが 残るだけ
荒れた生活(くらし)を していたと
おまえの噂が 冷たく身を責める

ふたりで暮らせる 幸福(しあわせ)を
指折り数え 待ってたおまえ
雪の帯広 夜霧の釧路
涙の足跡 たどる旅
痩(や)せた姿を みたと云う
おまえの噂が こころをまた泣かす


千葉一夫の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
千葉一夫「おまえの噂」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ