恋なさけ 千葉一夫 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

千葉一夫
公式サイト
恋なさけ  ♪  千葉一夫
作詞 : たかたかし
作曲 : 弦哲也

傘にかくれて 降りしく雪に
息をきらして 通う径(みち)
止めてもむりです もう、とめないで
逢うほど深間(ふかま)に おちてゆく
恋する女の 女の恋情け

山は森森(しんしん) 音さえきえて
雪にうもれる 隠れ里
凍える手足を ああ、この乳房(むね)を
温(ぬく)めてください 溶けるほど
恋する女の 女の恋情け

闇に薄衣(うすぎぬ) はらりと舞えば
からめとられて 腕の中
止めてもむりです もう、とめないで
抱かれりゃうれしい 愛されて
恋する女の 女の恋情け


千葉一夫の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
千葉一夫「恋なさけ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ