秋保の宿 - 千葉一夫の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

千葉一夫
公式サイト
秋保の宿  ♪  千葉一夫
作詞 : 木下龍太郎
作曲 : 朝月廣臣

障子閉めても 私の耳に
瀬音哀しい 名取川
少し覚えた お酒のはずが
苦い今夜の 差し向かい
別れみちのく 秋保の宿は
軒に時雨の すすり泣き

すぐに貴方に 乱されるのに
櫛でまとめる 洗い髪
明日は他人の 一夜であれば
どうぞ来ないで 夜明けなど
憎いけれども 恋しい指に
帯をたぐらせ みれん泣き

借りて眠った 手枕なのに
なんで見られぬ 同じ夢
後を引くから 仙台行の
バスは別れて 乗るつもり
未練みちのく 秋保の宿の
朝は時雨の しのび泣き


千葉一夫の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
秋保の宿/千葉一夫の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ