Summer Flooding - 高岡亜衣の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Summer Flooding  ♪  高岡亜衣
作詞 : AZUKI 七
作曲 : 高岡亜衣

まるで古い映画をみるよう
夏の雨 世界を遠ざけ
やわらかく耳を塞ぐ様に
街の雑音(おと)を消した
キレイね

街の灯 ネオンは揺れる珊瑚になり
あたしこの身を投げ出して ユラユラリ
箱舟(ふね)は来ないのよ そう覚悟しなさいな
泳いでゆくの ただ流れの中を

星のよう光る鱗纏って
迷い道海の底へ
さがすのはベアトリーチェ
今も巡りあえない 全て消えた

夏の夜の夢は雨に流されてゆく
七日過ぎても 終わりはないから
愛する自由さえ忘れさせてくれる
祈る者など此処にはいないの

誰もその名を呼ぶ者はなく
スベテに終わりもなく
花は陽を求めて浮かぶから太陽閉ざした

夏の夜の夢は雨に流されて
七日過ぎても

夏の夜の夢は雨に流されてゆく
七日過ぎても終わりはないから
箱舟(ふね)は来ないのよ そう覚悟するだけよ
泳いでゆくの ただ嵐の中を


ミニ情報
アルバム「fiction」収録曲
高岡亜衣の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Summer Flooding/高岡亜衣の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ