沖ちづる「旅に出るなら」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 沖ちづる > 旅に出るなら

旅に出るなら

歌手:沖ちづる
作詞:沖ちづる
作曲:沖ちづる


君の白い肌を見つめてる
赤く染まる管を見てる
今少しだけ君の手が震えて見えて
僕は立ったり座ったり繰り返している

今日ははるばる遠い所から来たんだよ
もうこれが最後になるかもしれないんだよ
いつでも君は静かな人だった
僕の僕だけの声がここに響いてる

旅に出るのなら 帰ってくるまでが
旅という事なんです
僕には何にも出来ないのだから
此処で君の帰りを待つだけの話です

君は何処かへ一人旅の最中
冷たく光る点滴の雫が落ちる
君のまつ毛がこんなにも長かったこと
僕は今更気付き笑っているよ

旅に出るのなら 帰ってくるまでが
旅という事なんです
僕には何にも出来ないのだから
此処で君を思うだけの話です
此処で君を祈るだけの話です
此処で君の帰りを待つだけの話です

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

沖ちづるの人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.