畠山美由紀「シクラメンのかほり」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 畠山美由紀 > シクラメンのかほり

シクラメンのかほり / 畠山美由紀

「シクラメンのかほり」歌詞

歌手:畠山美由紀
作詞:小椋佳
作曲:小椋佳


真綿色した シクラメンほど
清しいものはない
出逢いの時の 君のようです
ためらいがちに かけた言葉に
驚いたように ふりむく君に
季節が頬をそめて 過ぎてゆきました

うす紅色の シクラメンほど
まぶしいものはない
恋する時の 君のようです
木もれ陽あびた 君を抱けば
淋しささえも おきざりにして
愛がいつのまにか 歩き始めました

疲れを知らない 子供のように
時が二人を 追い越してゆく
呼び戻すことが できるなら
僕は何を惜しむだろう

うす紫の シクラメンほど
淋しいものはない
後ろ姿の 君のようです
暮れ惑う街の 別れ道には
シクラメンのかほり むなしくゆれて
季節が知らん顔して 過ぎてゆきました

疲れを知らない 子供のように
時が二人を 追い越してゆく
呼び戻すことが できるなら
僕は何を惜しむだろう


アルバム「歌で逢いましょう」収録曲


畠山美由紀の歌詞ランキング

1 おんな港町おんな港町 どうしてこんなに 夜明けが早いのさ
2 シクラメンのかほり真綿色した シクラメンほど 清しいものはない
3 悲しい酒ひとり酒場で 飲む酒は 別れ涙の 味がする
4 風の栞真夜中の嵐がわたしの街に
5 叶えられた願いあぁ まだあの浜辺は私を覚えているかしら
6 それぞれのテーブル店のドアが開き 入って来た人は 貴方だった
7 時の流れに身をまかせもしも あなたと逢えずにいたら わたしは何を
8 花の夜舟花の夜舟に ひとり揺られて 帰らない日々の 夢を漂う
9 圭子の夢は夜ひらく赤く咲くのは けしの花 白く咲くのは 百合の花
10 越冬つばめ娘盛りを 無駄にするなと 時雨の宿で 背を向ける人
畠山美由紀の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.