畠山美由紀「雨は憶えているでしょう」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 畠山美由紀 > 雨は憶えているでしょう 歌詞

雨は憶えているでしょう / 畠山美由紀
Amazonで見る

「雨は憶えているでしょう」歌詞

歌手:畠山美由紀
作詞:畠山美由紀
作曲:畠山美由紀

突然に降り出した雨に驚き
目をあけた猫と顔を見合わせ 窓辺に近寄れば
降り注ぐ 天空の絹糸よ 幾千もの
あの人の優しい 眼差しのように あたりをひたしていく
あなたの声がすれば 心は雨にも踊る
やがて光がさしたわ こんなに暗い部屋にも
 
風が吹き時が経ち皺くちゃになって
私もいつかさよならをする日がくるの
それでも変わらず 世界は回り こんなふうに雨が降るでしょう
あの人に伝えて もしもまた降る雨が私だったら
その時もまだきっと その雨は憶えているでしょう
あなたを愛したことと こんなに幸せだったこと
 
あなたの声がすれば 心は雨にも踊る
やがて光がさしたわ こんなに暗い部屋にも

アルバム「rain falls」収録曲


畠山美由紀の人気ランキング

畠山美由紀の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.