畠山美由紀「光をあつめて」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 畠山美由紀 > 光をあつめて 歌詞

光をあつめて / 畠山美由紀
Amazonで見る

「光をあつめて」歌詞

歌手:畠山美由紀
作詞:おおはた雄一
作曲:中島ノブユキ


窓の外には夜が
音もなく広がって
果実の様に赤く丸い月が
浮かんでる

身体が縛られても
心は翔べるという
でも心が縛られていたら
どうすれば?

言わないで どんな一言でも
消えかけた 火がまた目覚め
冷えきった 私の手のひらを熱く
焚き付ける

時計の針の音が
静かに時を刻む
真夜中の空に浮かんでいる
虹を見た

さよならを 上手く言えないまま
残酷に時間は過ぎて
傷跡は見えなくなった今も
まだうずいている

光を
あつめて
心の底におりてゆく
ゆっくりと

止めないで どんな言葉ででも
消えかけた 火はまた目覚め
雨の中 炎は立ち上がる
やめないで どんな結末でも
そのままを私に見せて
にじんでる この街のどこかに
あなたをさがすの

光を
あつめて
心の底におりてゆく

ゆっくりと


アルバム「rain falls」収録曲


畠山美由紀の人気ランキング

畠山美由紀の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.