逢川まさき「花つくばい」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 逢川まさき > 花つくばい 歌詞

逢川まさき「花つくばい」の歌詞を収録したCDジャケット画像

花つくばい

歌手:逢川まさき
作詞:葵かすみ
作曲:大道一郎

別れを迷う 冬の夜
時計の針が 無情にせかす
愛し愛され 燃えつきて
このまま死ねたら いいものを
化粧を直す 薄明かり
背中の向こうに あゝ 夢の跡

二人の恋の ゆく末を
祈ることさえ できないさだめ
隠し通せる ものならば
一生 二人で生きてゆく
眠れぬままに 窓開けりゃ
遠くにかすむ あゝ 天主堂

いけないことと 知りながら
守りぬきたい 女の純情(こころ)
今すぐあなたの その胸に
すがって泣きたい 抱かれたい
涙でさした 蹲(つくばい)に
咲かせた花は あゝ 島椿

「花つくばい」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

逢川まさきの人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.