満ちる月 歌詞 / 逢川まさき

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 検索 ランキング 新着情報
> > 満ちる月 歌詞
逢川まさき「満ちる月」のジャケット画像

満ちる月

 

逢川まさき

作詞 : masaru
作曲 : 中村剛司
歌詞

夏の日差しが冷たくて
蝉の音涙をかき消す
ひとりで歩く夕暮れに
私の影は消えていた

あなたがくれた温もりが
あなたが流した涙が
枯れた私の心根に
小さな花を咲かせた

あの日と同じ月明かり
光を紡ぐ満月よ
こんな私でいいならば
いつかこの身が果てるまで
私の明日を見守りたまえ

とにかく人から逃げたくて
それでも人恋しくて
あなたと歩く夕暮れに
私の影が揺れている

あの日と同じ月明かり
光を紡ぐ満月よ
こんな私でいいならば
いつかこの身が果てるまで
私の明日を見守りたまえ

あの日と同じ月明かり
あるがままでいいならば
光を紡ぐ満月よ
たとえこの身が果てるとも
誰かの明日を見守りたまえ


公開日 : 2019-09-11
この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
逢川まさきの人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon検索

関連情報

―Sen―
SOPHIA

歌詞ナビ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。
Copyright (C) 2005-2019 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.