AZUMA HITOMI「東京」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > AZUMA HITOMI > 東京

AZUMA HITOMI「東京」のジャケット画像

東京

歌手:AZUMA HITOMI
作詞:AZUMA HITOMI
作曲:AZUMA HITOMI・Hosomi Sakana

改札を抜けて待ち合わせしたなら それがあたり前で
私の知らない景色を映したその瞳にキスを

はしゃぎたいのにぼんやりしている
音のない雨上がり
しあわせだけが降り切って
いとしさはとまらないの

目は閉じたままでいいから眠らないで
話したい飽きるくらい 声を聞かせて
魔法でもいいからせめて忘れないように
君がいる東京 今夜は空がきれい

桃色の空を君はどこで見てた つながること知ってる

明日の今ごろひとりぼっちだ
日常に戻ってゆく
かみしめるほど消えてしまいそうだよ
腕の中は

目は閉じたままでいいから眠らないで
話したい飽きるくらい 声を聞かせて
魔法でもいいからせめて忘れないように
君がいる東京 今夜は

目は閉じたままでいいから眠らないで
夢じゃない痛いくらい 胸をあわせた
最後でもいいからどうか連れていって
君のゆく街へ 夜明けのバスに乗って

アルバム「フォトン」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

AZUMA HITOMIの人気歌詞

AZUMA HITOMIの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.