AZUMA HITOMI「太陽をみていた」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > AZUMA HITOMI > 太陽をみていた

AZUMA HITOMI「太陽をみていた」のジャケット画像

太陽をみていた

歌手:AZUMA HITOMI
作詞:AZUMA HITOMI
作曲:AZUMA HITOMI

草の上寝転んだふたり
まぶしそうに 手をかざし
太陽に背を向けて

静かにキスをした
冷たい 頬をすべらせてかさなる笑顔

長い間 同じ夢みてた
丸い穴があいてる
あなたの真ん中に
太陽の残像

ふり向けばオレンジ色
影揺れて 二つのおうちへ伸びていく

何度も手を振った
離れない 染まった横顔小さくなっても

ゆっくり微笑んで 一緒に帰るの
それがあなたの望みだった

長い間 同じ夢みてた
はなした手と手は
まだ戸惑ってるんだな

長い間 太陽に抱かれて
丸い穴があいてる
わたしの真ん中に
あなたの残像

アルバム「フォトン」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

AZUMA HITOMIの人気歌詞

AZUMA HITOMIの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.