GENERAL HEAD MOUNTAIN「感染」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > GENERAL HEAD MOUNTAIN > 感染 歌詞

感染 / GENERAL HEAD MOUNTAIN
Amazonで見る

「感染」歌詞

歌手:GENERAL HEAD MOUNTAIN
作詞:松尾昭彦
作曲:松尾昭彦

まだ残る違和感に風を呼んで
大袈裟な手招きを悼む素振りに冷めて逝く
繰り返す悲しみを 喉の奥で歪ませて
吐き出せば 白い世界に赤黒い雨が降る
 
口付けに偽りと名を刻んで
柔らかな表情は艶かしい夜の術
右の頬を振り抜いた 手の平に痛みを知って
よれる目から崩れ落ちたなら
「あれ」に辿り着けそうだ
 
揺れる光を紐解いて行く様に
手探りの価値観を見守った
 
鍵を掛けた あの部屋は窓辺より
優しげな眼差しは僕の果てまで
夜に凭れても 言い訳まで僕を追い越して行くんだ
眠る木々に有り余る溜息を
 
滲む景色をほどいて行く様に
手探りの価値観を見送った
 
鍵を掛けた あの部屋は窓辺より
目に余る行動は君の果てまで
身を縛られても 抵抗する素振りだけは見せたんだ
続く日々に有り余る溜息を

アルバム「深まる日々に、微笑みを。」収録曲


GENERAL HEAD MOUNTAINの人気ランキング

GENERAL HEAD MOUNTAINの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.