GENERAL HEAD MOUNTAIN「感情線」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > GENERAL HEAD MOUNTAIN > 感情線 歌詞

感情線 / GENERAL HEAD MOUNTAIN
Amazonで見る

「感情線」歌詞

歌手:GENERAL HEAD MOUNTAIN
作詞:松尾昭彦
作曲:松尾昭彦

僕に何かが 手を差し伸べて
虚ろな表情に ただ見惚れる
淡い 甘い 夢にしては鮮明だ
回る世界は速度を上げて
無口な狭い部屋を飾る空白は誰なんだ
 
記憶を辿れば 写真を撮られてしまったはずだ
僕は気紛れな証拠まで残してしまったのか
 
それは感情線から
まるで浮き出した様な抑揚に満ちた声に
揺らされる夜明け前
 
脆くは崩れて 色褪せてしまう時を待てば
たかが阿婆擦れの口車は大空をも飲み込むと言う
 
それは感情線から
まるで浮き出した様な抑揚に満ちた声に
揺らされる夜明け前
その言葉の陰には 奴が隠れているのだろう
この街から僕が飛ぶ「まさかの日」も近い
 
僕に何かが 手を差し伸べて
虚ろな表情に ただ見惚れる
淡い 甘い 夢にしては鮮明だ
回る世界は速度を上げて
無口な狭い部屋を飾る空白は君だった

アルバム「深まる日々に、微笑みを。」収録曲


GENERAL HEAD MOUNTAINの人気ランキング

GENERAL HEAD MOUNTAINの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.