前川清「そして、神戸」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 前川清 > そして、神戸

「そして、神戸」歌詞

歌手:前川清
作詞:千家和也
作曲:浜圭介


神戸 泣いて どうなるのか
捨てられた 我身がみじめになるだけ
神戸 船の灯うつす
濁り水の中に 靴を投げ落す
そして ひとつが 終り
そして ひとつが 生まれ
夢の続き 見せてくれる
相手 捜すのよ

神戸 呼んで 帰る人か
傷ついた心が みにくくなるだけ
神戸 無理に足を運び
眼についた名もない 花を踏みにじる
そして ひとつが 終り
そして ひとつが 生まれ
誰か うまい 嘘のつける
相手 捜すのよ

誰か うまい 嘘のつける
相手 捜すのよ


前川清の歌詞ランキング

1 東京砂漠空が哭いてる 煤け汚されて ひとはやさしさを
2 思い出は恋しくて、見た夢は儚くてああ 振り向けば 時間だけが過ぎて もう 同じように
3 りんどう小唄こころは泣いていたけれど 笑ってそっと言ったのさ
4 駅舎-ターミナル-人は過去という駅舎(えき)の 寒い停車場に
5 女性(おんな)ひとりで 生きることより もっと淋しく
6 博多駅駅前の広くなった道 慣れずに端っこを歩いていた
7 昭和から電話のダイヤル回す指が震えた
8 胸の汽笛は今も見飽きた暮らしの窓にも 生まれたての朝日が届く
9 虹がかかるように歩き疲れた どこまで続くのか 見えない未来を
10 歩いて行こうラララ 出会いの数 何かがある 旅って人生のようだね
前川清の楽曲一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes
amazon検索

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.