海援隊「早春譜」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 海援隊 > 早春譜 歌詞

「早春譜」歌詞

歌手:海援隊
作詞:武田鉄矢
作曲:千葉和臣


さくら散るたびに 足もとに降る
竹の箒持ち 掃けどきりがない
白き花びらの 上をゆく蟻たち
そっと庭に残し かたづける春を
急ぐ事はない 若葉の時が
今にやって来る 春をしまう時

仔犬走らせて 水辺に遊ぶ
川の温もりを 指で確かめて
風が吹き抜けた 一瞬に水面揺れ
まるでモネの描きし 「睡蓮」の絵のよう
ただの平凡な 景色に見とれ
ひとり微笑んでる 私 印象派

ひとり夜空見て 子供にかえる
星座探しては 指で結んでいる
その指先の 天の川横切り
流れ星 流れるが 願うことがない
そうか もう私 幸せなのか
願い事もなく 星を見送るから


ドラマ「夫婦道」主題歌


海援隊の人気ランキング

海援隊の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

「夫婦道」関連歌詞

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.