海援隊「まっすぐの唄」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 海援隊 > まっすぐの唄 歌詞

「まっすぐの唄」歌詞

歌手:海援隊
作詞:武田鉄矢
作曲:中牟田俊男


今日から僕はまっすぐに
君の涙になってやる

僕が頬から つぎつぎに
涙で地面を濡らすから
どうかそれを目印に
一歩一歩と踏みしめて
愚かでもいい
まっすぐが優しいことが
したいのだ

今日から僕はまっすぐに
矢印みたいにまっすぐに
貴方の少し前をゆき
涙を地面にさしてゆこう

君のためなら デクノボウ
そう呼ばれたってかまわない
少し汚れた棒でさえ
まっすぐならば 杖になる
ささやかだけど役にたつ
そんな自分にしたいのだ

今日から僕はまっすぐに
貴方とここからまっすぐに
生きてゆこうと決めたので
ありがとうなどいりません

ねじれて曲がった唄よりも
ただまっすぐの唄がいい
君が遠くに離れても
その声めざして探すから
下手でいいんだ
まっすぐの唄が一番響くのだ

まっすぐだけが届くのだ
まっすぐだけが終わらない
誰かの心につきさされ
まっすぐの唄つきさされ
まっすぐの唄つきさされ


ドラマ「3年B組金八先生」主題歌


海援隊の人気ランキング

海援隊の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

「3年B組金八先生」関連歌詞

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.