海援隊「ビアンカの奇跡」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 海援隊 > ビアンカの奇跡 歌詞

「ビアンカの奇跡」歌詞

歌手:海援隊
作詞:武田鉄矢
作曲:千葉和臣

遥か遠き海の彼方に麗しき街あり
街一番の貧しい娘はその名もビアンカ
ビアンカの夢 夏の祭りでひと夜踊ること
だけど祭りの衣裳が買えずにひとり泣いてた

やせた畑で花を育てて街へ売りにゆく
いつもコインを投げて花束買ってくれる人
彼が振り向く素敵な衣裳を お恵みください
教会へゆきサンタマリアに祈り続けた

森に咲いてるすべての花を 貴方に捧げますから
祈りとどけと涙を流し 花摘むビアンカ
珈琲色の若い肌には汗が輝き
遠く聞こえる祭りのリズムに裸で踊りだす

その日起こった出来事はもうマリアの奇跡
踊るビアンカ甘き香りの汗に群がる
一・十・百・千・万の蝶々は宝石の色
世界でひとつ蝶の衣裳をまとったビアンカ

街の通りに蝶の衣裳の天使が現れ
道行く人は二つに割れて十字をきった
踊る天使に降り注ぐ花ひとり駆け寄る
あの若者が花束捧げて叫んだビアンカ

恋する女よ おまえが探し続ける恋の衣裳は
天の国にてサンタマリアが 紡ぎ織り給う
愛する女泣かずに踊れ ビアンカと共に
サンタマリアは微笑給う ビアンカと共に


「奥様は外国人」エンディングテーマ


海援隊の人気ランキング

海援隊の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.