Roomania「夏空」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > Roomania > 夏空 歌詞

夏空 / Roomania
Amazonで見る

「夏空」歌詞

歌手:Roomania
作詞:fuya
作曲:fuya

夏空を飛び越えたい 見えなくても、もっと向こう
 
いつの間にか雨はやんでた ずぶ濡れの期待 さよならは まだ早い
知ってるふりで、君を知らない 踏切を渡る もうすぐ海が見えるよ
 
つまづいた 石を蹴飛ばした いつの日か終わる季節と 思えないから
 
夏空を飛び越えたい 見えなくても、もっと向こう
息を吸い込み 裸足で駆けてく
眩しくて手に負えない 陽射しのような心を
抱えたままで 横顔だけ 感じていた
 
波打ち際 青い時間は「大体」で埋まる 君の声、溶けていく
水しぶきに染まったシャツが 風でなびくから 何にでもなれる気がする
 
少しだけ目眩がしそうな 夢じゃない今の温度でそばにいてほしい
 
不器用なその軌道で 連れ出してよ、もっと向こう
情けないほど 強がりでも 前に進む
 
甘い予感も、意味はないかも でも、君と会えたら
どこか遠く 行ける魔法に変わっていきそうさ
 
気まぐれなその視線に 照らされてたい、このまま
 
夏空を飛び越えたい 見えなくても、もっと向こう
息を切らして 裸足で駆けてく
眩しくて手に負えない 陽射しのような心を
抱えたままで 横顔だけ 感じていた

アルバム「irodori」収録曲


Roomaniaの人気ランキング

Roomaniaの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.