Roomania「ミケネコ」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > Roomania > ミケネコ 歌詞

ミケネコ / Roomania
Amazonで見る

「ミケネコ」歌詞

歌手:Roomania
作詞:fuya
作曲:fuya

窓の外飛び出して真っ白な気分 忘れ物は無かったはずだけど
すましているそぶりの見慣れない朝 春の風に吹かれる交差点
 
よけながら 転びながら 答えはまだ見つからない
 
素晴らしい退屈な日々を 歩きながら笑顔になる
いつもと同じでしょって 言葉足らずね
埋もれて少し遅い足も 隣に並んだ優しさも
ありきたりなことだって 思えたらいいのに
 
ぼんやりと眺めてる坂道の先 通り雨を乾かす青い空
 
追い抜いて 追い越されて 遠くのほう目指している
 
素晴らしい退屈な日々を 迷いながら笑顔になる
いつかはわかるでしょって 根拠はないけど
滲んで少し暗い夜も 大事に抱えた高鳴りも
なんとでもなるよなって そう伝えるよ
 
素晴らしい退屈な日々を 歩きながら笑顔になる
いつもと同じでしょって 言葉足らずね
埋もれて少し遅い足も 懲りずに覗いた運勢も
ありきたりなことだって 思えたらいいのに

アルバム「irodori」収録曲


Roomaniaの人気ランキング

Roomaniaの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.