しゅーず「一夜爛漫」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > しゅーず > 一夜爛漫 歌詞

しゅーず「一夜爛漫」の歌詞を収録したCDジャケット画像

一夜爛漫

歌手:しゅーず
作詞:湊貴大
作曲:湊貴大

選り取り見取りのショウウィンドウ
きらきら媚びて飾るの(ねぇ見て見て?)
他人(だれか)と同じじゃデッドストック
振り向く皆様 視線頂戴します

嗚呼 言葉じゃなくて身体で呼んで(お願い)
嗚呼 優しくなんてなくてもいいの

面倒は後回しで 気取った仮面も剥いで
感じてみてよ もっと

情愛なんと狂おしく
儚き美しさ
咲いても 散っても 一夜の華と
誰より理解(わか)っているのでしょう

生涯なんて泡沫ね
人偏に夢と書く
愉(たの)しんで 悦(よろ)んで 熟れた果実は
弾けるほんの寸前 直前 もう限界
誰ユエニ 乱レソメニシ

お値段以上のリップサービス
ゆらゆらかわし踊るの(ねぇ一緒に)
悟らせないで慣れたプロセス
誠実→裏腹→偽善→狂騒→魅惑

(Ah)瞳(め)を潤ませて近くわ
(Ah)花の香りまとって
(Ah)お願いこっちだけを向いて
ほんの一寸(ちょっと)でいいの
愛、真似てよ

情動的に震わせて
刹那の激しさで
負けても 勝っても 一か八かを
試してみなきゃ気が済まない

商売なんて気紛れね
前後不覚の闇で
燃えちゃって 触れちゃって 売れた果実は
弾ける本能 敢然 茫然 もう限界
カツ消エシ カツ結ブ世ニ

…素晴らしき人生と知れ
…替え難き運命と知れ

中庸な道徳を脱いで
奥まで背徳注いで
感じ

桜花爛漫 一夜だけ
儚く咲き乱れ
明日なんて 今だって 誰もわからない
生きてるうちに舞い踊れ

瞬間、我に帰れば
もう二度と戻れない
愉しんで 悦んで 熟れた果実は
知ってしまえば耽溺(たんでき) 惑溺(わくでき)
もう決壊

満ちて欠けるは月のせい
渡世は常ならむものよ

アルバム「VELVET NIGHT」収録曲


「一夜爛漫」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

しゅーずの人気歌詞

しゅーずの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.