しゅーず「VELVET NIGHT」の歌詞
歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > しゅーず > VELVET NIGHT 歌詞

しゅーず「VELVET NIGHT」の歌詞を収録したCDジャケット画像

VELVET NIGHT

歌手:しゅーず
作詞:しゅーず
作曲:しゅーず

いつも通りに 独り
カウンターの指定席
不意に現れた貴方と鳴らした
“今夜きりのデート”

そっと隠すスマホの画面 気づかないフリをしてる
濡れたグラス見つめて
触れた手触りに 身を委ねてる

あの日初めて見る貴方の笑顔が 私の胸を彩るように
どんな他愛のないその仕草さえも 私の心 埋め尽くすの…
“他の誰か”なんてない 私には貴方しか居ない
そう思わせて

知りたくないと 触れた指の跡に目を閉じて
ふたり 包むベルベッドに
ずっとこのままを夢見て

あの日初めて見た貴方の涙が 私の頬を伝わるように
ずっと終わりのないこの思いさえも 貴方の心満たせないの…?
“きっといつか”なんてない 貴方には私しかなんて
そう思えない

「行かないで 私だけ独りにしないで」なんて
言える日は きっと来ないから
泣きそうな瞳で いつものようにヘタクソに笑うの

最後に見る貴方の瞳に 私の影探せないように
きっと未来のないこの結末(つづき)さえも 二人の心繋げないの…
“他の誰か”なんてない 私だけ「さよなら」を言うの
笑顔のままで…

アルバム「VELVET NIGHT」収録曲


「VELVET NIGHT」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

しゅーずの人気歌詞

しゅーずの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.