しゅーず「アネモネ」の歌詞
歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > しゅーず > アネモネ 歌詞

しゅーず「アネモネ」の歌詞を収録したCDジャケット画像

アネモネ

歌手:しゅーず
作詞:くじら
作曲:くじら

アネモネの花のように見えない毒を注ぐよ
気づかないさ 私のことなんて見えちゃいないんでしょ

窓からさす月の光 照らす手首 うずくまる私
マイナスの感情の深海付近で息もできないや
どうしようもない現実と右往左往もできない私
妖精に導かれて

東京の夜の向こうへ走り出す
明るいのなんて
銀の指輪だけが乱反射している
それだけで 綺麗だ

同型に漏れるビルの光睨んで 空き缶を蹴っ飛ばす
最悪の結末はいつも隣でニコニコしてんだ
やめたくもなるさ それでもいくんだ
また次の季節へ 思い出す

アネモネの花のように見えない毒を注ぐよ
気づかないさ 私のことなんて見えちゃいない

東京の夜の向こうへ走り出す
明るいのなんて
銀の指輪だけが乱反射している
それだけで綺麗なのに

酔いも回って風と歌って 帰り道に
確定的なことなんて馬鹿みたいだ
間違い電話の向こうに出会う将来だってあんだろ
あの日の風景を思い出して どこへ行こう

アルバム「VELVET NIGHT」収録曲


「アネモネ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

しゅーずの人気歌詞

しゅーずの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.