映秀。「自然」の歌詞
歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 映秀。 > 自然 歌詞

映秀。「自然」の歌詞を収録したCDジャケット画像

自然

歌手:映秀。
作詞:映秀。
作曲:映秀。

“泣いてばかり”だね
それが悪いと言わないが
ほら見て大事な事
“最低な事ばかり”
僕も同じく思うんだ
でも見て広い世界を

探そう
大空に靉靆した夢を
溟海に沈下した道を
急ぐ事は何も無いから
草原に開花した意味を
さんざめき謳歌した日々を
自分に手を当て 瞑ると
自然と涙 晴れるから

“馬鹿ばっか”見下して
それが悪いと言わないが
ほら見て大事な所
出航は好きな時
好きな場所へすればいいからさ
見て見て広い広い世界を

超えよう
現実に縛された夢を
幻術に隠された未知を
挑む前に無理と言うなよ
相対の価値観の壁を
想像の神格の地位を
自分に手を当て 瞑ると
自然と今が 解るから

愛そう
大空で相対した夢を
溟海で進化した道を
揺らぐ事は何も無いから
草原に開花した君を
さんざめき逢花した日々を
自分に手を当て 瞑ると
自然と今が 晴れるから

アルバム「第壱楽章」収録曲


「自然」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

映秀。の人気歌詞

映秀。の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.