映秀。「残響」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 映秀。 > 残響 歌詞

残響 / 映秀。
Amazonで見る

「残響」歌詞

歌手:映秀。
作詞:映秀。
作曲:映秀。


「またね」
 
たった数秒だけなのに
期待してる僕
たった数回だけなのに
期待してる僕
 
あと数秒だけでもいい
あと数回だけでもいい
ただ聞きたいだけなのに
ただ会いたいだけなのに
 
ただ会いたい
 
17時の鐘が鳴り 烏も泣いた
よい子はおうちに帰りましょうと
ホワイトノイズが耳に残った
あなたの「またね」は夕日に消えた
 
神様はいつも平等に 不平等を与える
言い訳という蜜を吸わせ 罪を着せた
神様はいつも不平等に 才能を与える
努力を美とした世界を創り 罰を科せた
 
どんな罪だろが いつだってどこだって
どんな罰だろうが 二人ならば大丈夫
そう思っていたのは僕だけ
願ってたのも僕だけ みたいだ みたいだ
 
「じゃあさ、一つ約束しよう
君は 必ず 幸せになってね」
 
17時の鐘が止み 灯が灯る
よい子はおうちに帰りましょうと
あなたの匂いも声も忘れた
それでもまだ ただ 信じてるから
涙流すのはやめにしようか
あなたがどこかで笑えてるなら
それを僕の「幸せ」と名付けよう

アルバム「第壱楽章」収録曲


映秀。の人気ランキング

映秀。の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.