BBHF「花のように」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > BBHF > 花のように

BBHF「花のように」のジャケット画像

花のように

歌手:BBHF
作詞:尾崎雄貴
作曲:尾崎雄貴

いつもの死神を見た 仕事を辞めるのに金がいるってよ
ビルとビルの間
とめどなく流れる砂の 涙を拭く暇もなかった
生きる情熱を取り戻す 僕は思いつめ探していたよ
人と人の間
名前を呼ぶ声が 砂漠のように聞こえる

あなただけがその中で 明日の雨を待つ花のように
上を見上げ凛と 凛と立って 何かが起こるように目をあけて

天使の横顔を見た 手を伸ばし ためらってやめたよ
家の壁に描いた
掴めるはずだった日々が こんなに白けて見える
生ける屍になるなら 僕は消し炭になって散りたい
でもそうはいかない
守るべきものを抱きしめて 砂漠の真ん中に立ち

あなただけがその中で はぐれて咲く花のように
上を見上げ凛と 凛と立って 何かを掴むように手をあげて

あなただけがその中で 明日の雨を待つ花のように
上を見上げ凛と 凛と立って 何かが起こるように目を開けて
何かが起こるように目を開けて

アルバム「Family」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

BBHFの人気歌詞

BBHFの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.