BBHF「バックファイア」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

歌詞ナビ > BBHF > バックファイア 歌詞

BBHF「バックファイア」のCDジャケット
Amazonで見る

バックファイア

歌手:

BBHF


作詞:尾崎雄貴
作曲:尾崎雄貴


僕がいて君もいて 言葉にする余裕はないけど この街も明日も
コンクリートの壁も 夢をついだグラスも みんなを酔わせるだけだった
僕らは あのバンドに夢中で 夢を追いかけて 生きていた
消えたいことも あったけど 息をすることで 忘れていた
 
今燃える夜の中で 光を超えて走っていける
君の髪が天の川と同じ方角へと流れていく
置いてくなよって友達の声も 楽しめよって心の声も
僕らの後ろ側で 音をたてて 花火になる
なにもしらないままで なにもしらないままで
いれたらいいのに いれたらいいのに
そしてぜんぶわかった気になって 僕らぜんぶわかった気になって
はしゃいだような火花だけを残して どこまでもいける
 
僕がいなくなってもずっと 時間は容赦なく削り取ってく あの街と記憶を
落書きだらけの壁も 投げつけて割ったグラスも 宝石のように磨かれた
いまでもあのバンドに夢中なの? 夢を追いかけて 生きてるの?
今よりずいぶん泣き虫だったけど 息をするように希望を吐いてた
 
今燃える夜の中で 思い出の魔法がとけてく
君の髪が過去の方へ 永遠へと流れていく
老いてく肌と 変わらない声も 静かになった心の声も
おだったような火花だけをみつめて ここにいるんだろう
 
あぁ今日は君に会えてよかった 夕日で真っ赤に燃えている あの頃とおんなじ道をいく
僕らをここに置いてった 走り去っていく赤い車に みんな乗って
 
今燃える夜の中で ふざけて叫ぶ声が響く
君の髪が笑うたびに波打つように流れていく
見惚れる僕をちゃかしていた声も このままでって心の声も
僕らの後ろ側で 照らしだす
 
今燃える夜の中で 最後の輝きをみてる
君の髪が明日の方へ 1秒先へと溶け込んでいく
置いてくなよって僕がいう声も 終わりだねってあなたの声も
この音に飲み込まれて 爆ぜてしまう 花火になる
なにもしらないままで なにもしらないままで
いれなかったな いれなかったな
そしてぜんぶなくした気になって 僕らぜんぶなくした気になって
おっことした火花をまだ探して そこにいるんだろう
ねぇ どこまでいける

「バックファイア」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

BBHFの人気歌詞

1 バックファイアNEW僕がいて君もいて 言葉にする余裕はないけど
2 夕日うつむかずにいて 手放したものを見て 昇ってゆけば
3 花のようにいつもの死神を見た 仕事を辞めるのに金がいるってよ
4 サラブレッドNEWどうせ最後には恋に落ちて 魂を売る 自由があっても
5 鳥と熊と野兎と魚盛んに餌を欲しがった かさんだ餌代を惜しんだ
BBHFの歌詞一覧を見る▶

最新人気歌詞

生きろ / Mr.Children
NEW生きろ
Mr.Children

♪固く握った 震える掌 交わした約
Regeneration / fripSide
NEWRegeneration
fripSide

♪遥かな時 巡る季節 新たなこの出
ひとり旅 / 五条哲也
NEWひとり旅
五条哲也

♪見知らぬ町の 古い居酒屋で 柳葉
悪運星人 / Rin音
NEW悪運星人
Rin音

♪人類はある日突然変異を起こしま
明日の君と / ゆず
NEW明日の君と
ゆず

♪どんなふうに笑ったとか どんな
歌詞ナビ新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.