羊文学「祈り」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 羊文学 > 祈り

羊文学「祈り」のジャケット画像

祈り

歌手:羊文学
作詞:塩塚モエカ
作曲:塩塚モエカ

夜の中で君が一人泣いてても
誰も気づきやしないから構わないだろう

それはたとえば野に咲いた一輪の
輝きこそはしないけど優しさを知っていて

夜の中で君が一人泣くことは
どんな訳があるとしても許されているから

この部屋でまだこない光の降る朝をじっと待ち
それでも忘れないで最後にはまた静かな夜が戻ること

夢を見る 夢を見ている
夢を見る 夢を見ている
時計はもう 止まったままで
夢を見る 夢を見ていた

夜の中で君が一人泣いても
誰も気づきやしないから構わないよ

アルバム「ざわめき」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

羊文学の人気歌詞

羊文学の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.