羊文学「白河夜船」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 羊文学 > 白河夜船 歌詞

白河夜船 / 羊文学
Amazonで見る

「白河夜船」歌詞

歌手:羊文学
作詞:塩塚モエカ
作曲:塩塚モエカ


あなたが優しすぎて私は時々怖いのよ
あなたが見ているのが私じゃないことわかるのよ
 
今日も朝から晩まで眠り続けて
それでも何故だかお腹が減ります
 
私のお星様は電池がなくては動かない
悲しくなくても泣くことあるのよ 許してよ
 
今日も朝から晩まで眠り続けて
それでも何故だかお腹は減ります
 
温かいミルクと少しのパンを頬張り
おはようって笑うあなたの声を待ちます
 
嘘は吐かない 笑わない 心は持たない
今宵も静かに息をしています
 
温かいミルクと少しのパンを頬張り
おはようって笑うあなたの声を待ちます
 
今日も朝から晩まで眠り続けます

アルバム「you love」収録曲


羊文学の人気ランキング

羊文学の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.