羊文学「人間だった」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 羊文学 > 人間だった 歌詞

羊文学「人間だった」のCDジャケット
Amazonで見る

人間だった

歌手:

羊文学


作詞:塩塚モエカ
作曲:塩塚モエカ


きこえるかい 命の声が
きこえるかい きこえるかい

きこえるかい 大地の歌が
きこえるかい きこえるかい

ぼくたちはかつて人間だったのに
いつからかわすれてしまった

ああ いま 飛べ 飛べないなら
神さまじゃないと 思い出してよ

街灯の街並み 燃える原子炉
どこにいてもつながれる心
東京の天気は晴れ、晴れ、雨
操作されている
デザインされた都市
デザインされる子供

もっと便利にもっと自由に
なにを得て何を失ってきたのだろう
怖いものはない 怖いものはないのかい
忘れないで 自然は一瞬で全てをぶち壊すよ

本当はわかっている 君もわかっている
花の一生にとって 君は必要ないこと
わたしは知っている そしてただ見ている
人間が神になろうとして 落ちる

ぼくたちはかつて人間だったのに
いつからかわすれてしまった

ああ いま 飛べ 飛べないなら
神さまじゃないと 思い出して

ああ いま 行け 走って行け
風を切る奇跡 思い出してよ

神さまじゃない

アルバム「ざわめき」収録曲


「人間だった」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

羊文学の人気歌詞

1 あの街に風吹けば夢見てる、恋してる 青いスカート靡かせて
2 なつのせいですそれは夏のせいです 僕たちは流れる雲に乗って
3 powers両手を高く広げ、今ならわかるはずだ
4 ghost見えないものの声が聞こえる
5 光るときNEWあの花が咲いたのは、そこに種が落ちたからで
6 夜を越えて君の言うことが何でも正しいような気がして
7 ハロー、ムーン(album mix)ハロー、ムーン やってきた! すすめ月の北極へ
8 花びらあいたい 明日はもう来ないかもしれない あいたい
9 砂漠のきみへきみは砂漠の真ん中 ユーモアじゃ雨はふらない
10 あたらしいわたし曖昧な朝が来て おはようって言うあてないきみも
羊文学の歌詞一覧を見る▶

関連人気歌詞

NEW WORLD / SixTONES
NEW WORLD
SixTONES

♪Wow oh… Like real stones (We
犬じゃあるまいし / ゴールデンボンバー
犬じゃあるまいし
ゴールデンボンバー

♪害の無さそうな蓑を被って 僕は
Everlasting Dream / OxT
Everlasting Dream
OxT

♪手を差し伸べた彼の背をまた 支
Orange / 長渕剛
Orange
長渕剛

♪どうしてそんなに やさしいの 悲
もうええわ / 藤井風
もうええわ
藤井風

♪さぁ羽のばして ここから 捉われ
流氷列車 / 走裕介
流氷列車
走裕介

♪雪が雪がななめに 降りしきる も
唇は赤き砂漠 / 走裕介
唇は赤き砂漠
走裕介

♪唇 窄(すぼ)めて あなたの 名を
アンチ・グラヴィティーズ / Halo at 四畳半
アンチ・グラヴィティーズ
Halo at 四畳半

♪思い悩んでばかりいるんだ ただ
一瞬のスリル / STU48
一瞬のスリル
STU48

♪巡り逢って 燃え上がって 灰にな
Biscuit / VaVa
Biscuit
VaVa

♪割れそうになる日 携帯ばかりを
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.