羊文学「人間だった」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 羊文学 > 人間だった

羊文学「人間だった」のジャケット画像

人間だった

歌手:羊文学
作詞:塩塚モエカ
作曲:塩塚モエカ

きこえるかい 命の声が
きこえるかい きこえるかい

きこえるかい 大地の歌が
きこえるかい きこえるかい

ぼくたちはかつて人間だったのに
いつからかわすれてしまった

ああ いま 飛べ 飛べないなら
神さまじゃないと 思い出してよ

街灯の街並み 燃える原子炉
どこにいてもつながれる心
東京の天気は晴れ、晴れ、雨
操作されている
デザインされた都市
デザインされる子供

もっと便利にもっと自由に
なにを得て何を失ってきたのだろう
怖いものはない 怖いものはないのかい
忘れないで 自然は一瞬で全てをぶち壊すよ

本当はわかっている 君もわかっている
花の一生にとって 君は必要ないこと
わたしは知っている そしてただ見ている
人間が神になろうとして 落ちる

ぼくたちはかつて人間だったのに
いつからかわすれてしまった

ああ いま 飛べ 飛べないなら
神さまじゃないと 思い出して

ああ いま 行け 走って行け
風を切る奇跡 思い出してよ

神さまじゃない

アルバム「ざわめき」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

羊文学の人気歌詞

羊文学の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.