三浦祐太朗「届かない歌」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 三浦祐太朗 > 届かない歌

三浦祐太朗「届かない歌」のジャケット画像

届かない歌

歌手:三浦祐太朗
作詞:三浦祐太朗
作曲:宮永治郎

あの日描いた夢の続きは どんな色を放つだろう
夜のしじまに浮かぶ下弦の月が 瞬いてる

情けないくらい 君がすべてで
この胸の痛み 消えなくて

唄い続けてるんだ 君に届かない歌を
生まれ変わっても僕ら 巡り会う
さよなら この瞳で いつだって君だけ見てる

少し猫背の僕を 隣で笑う君 思い出してた
人混みの中いつも離れないように 繋いだ手

透き通るように 冷たい肌が
突然の終わり 告げていた

唄い続けてるんだ 君に届かない歌を
いつか交わしたままの約束は
今でも 果たされずに 僕の中生き続けている

もし 願い叶うなら もう一度だけ君に逢いたい

僕はわかっているんだ 君に届かないことを
それでもこの空へと 響くように

唄い続けてるんだ 君に届かない歌を
生まれ変わっても僕ら 巡り会う
さよなら この瞳で いつだって君だけ見てる

いつまでも 君だけ見てる

アルバム「FLOWERS」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

三浦祐太朗の人気歌詞

三浦祐太朗の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.