レーゾンデートル 歌詞 / Eve

歌詞ナビ 検索
詳細検索
歌手目次
歌手目次
ランキング
ランキング

ホーム > Eve > レーゾンデートル



Eve「レーゾンデートル」のジャケット画像

レーゾンデートル 歌詞


歌手:Eve 作詞:Eve
作曲:Eve

iTunes

漂うこの空気にストップ ただ矛盾を抱いている
今更猛スピードでスタート切ったって
どうやったって追いつきゃしないぜメーデー

強がりに嫌気がさしている
弱音も吐けないままでいる 弱音も吐けないままでいる

損得のものさしでぽいって捨てられ
よそいきの顔してまたやり過ごす
存在もないようなもんだ 誰もわかっちゃいないや
感情論に縋ってなんて憚れば堕ちる

だけど 夢に目覚めた君は何をみるの

最低な日を超えて
最善の成る方へ
どうしたんだ 期待なんてもうしてられないから
その時をじっと待っている

曖昧な視界に立って
際限のない方へ
こんな気持ちさえも捨てきれないのなら
混ざって混ざって生まれ変わるまで
終わらない夢を

従わないことでしか 忌み嫌われることでしか
焦りだけでは満たされない ありのままなど見せたくはないね

ヘラヘラと今日も笑っている
弱音も吐けないままでいる 弱音も吐けないままでいる

詭弁に振る舞う 自己暗示さえ
真実に拘る 必要もない
裏切ってしまいそうな今日が かける言葉もないな
金輪際もう一生なんて憚れば堕ちる

だけど 答えなど待っても君に会えやしないと

相対 武器をとって
感情の鳴る方へ
こんな気持ちさえも捨てきれないのなら
混ざって混ざって生まれ変わるまで
終わらない夢を

足りないものばかりの僕ら
外見だけ取り繕った
続かないことに苛立った
他人を見下し嗤ったんだ
そうしないと もう僕の心は壊れてしまうから

本当はもうわかってるんだ
期待されない人生だ
根拠もないあの日のような
真っすぐな瞳は

だけど 夢に目覚めた君は何をみるの

最低な日を超えて
最善の成る方へ
どうしたんだ 期待なんてもうしてられないから
その時をじっと待っている

曖昧な視界に立って
際限のない方へ
こんな気持ちさえも捨てきれないのなら
混ざって混ざって生まれ変わるまで
終わらない夢を

その先の君を


専門学校HAL(東京・大阪・名古屋)CMソング
アルバム「Smile」収録曲

この歌詞をTwitterでつぶやく
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet LINEで送る amazon検索

このページのURL

Eveの人気ランキング


1
いのちの食べ方足りないもの探して バックパッ
2
会心劇抱え込んだって 意味はないな 全
3
ナンセンス文学感情的にはなれない 今更臆病に
4
ドラマツルギー頭でわかっては嘆いた 転がって
5
ホームシック蒼く光る 眩しいような 振り返る
6
あの娘シークレット思い出したって出したってきっと
7
ふりをした。隠してしまったの とっくのとう
8
羊を数えてさっきまで落ち込んでたけど 思
9
お気に召すまま淡々 言葉を吐いた あんな思い出
10
トーキョーゲットー誰でもいいや 誰でもいいから 誰

Eveの人気一覧を見る▶

PCページで見る

Copyright(C) 2005-2020
SANDY NET SYSTEM CO.,LTD.
All Rights Reserved.

HOME 新着情報 ランキング 歌詞検索 ページの先頭へ