やなわらばーの歌詞一覧

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > やなわらばー

やなわらばーの歌詞一覧
該当件数112件 その内1〜112件
|▼ 新着順人気順曲名順
- - - ◆ 曲名 - - - ◆ 歌い出し
「拝啓○○さん」「拝啓○○さん」 辛い時を過ごしたからこそ あな
ガジュマルの樹ガジュマルの樹 まぶたに焼き付いている 眩しい
悲しみよ 風になれ悲しみよ 風になれ 悲しみはいつかは消えてく 忘れ
ココロモヨウココロモヨウ 春の風と花びら手をつなぎ 空に
涙のキセツ涙のキセツ CRY CRY サヨナラ また春に会い
夢を見た夢を見た 夢を見た 君がいなくなった夢だ
キムガナサキムガナサ 僕の生まれた ふるさとには 輝く
向日葵向日葵 窓から入り込む8月の風にあおら
いちごいちえいちごいちえ 笑い続けてこれた出会いに愛を伝
今日という日を歌にして今日という日を歌にして 夢を追う事を選んでみたけど 夢
大好きな人大好きな人 ずっとずっと 私の大好きな人
空をこえて 海をこえて空をこえて 海をこえて 小さい頃 よく通った 青い海に続
卒業アルバム卒業アルバム 何気なく開いた卒業アルバム 懐
君にサヨナラ君にサヨナラ 本当なら、こんな晴れた日は 気
聞いてほしいこと聞いてほしいこと 受話器の向こうから聞こえる母の
心音心音 心に刻まれた沢山の傷 それは私
愛してる愛してる こんなに近くにいるのに 気づい
唄の島唄の島 冷たい雨が降る季節も 君は傘も
てぃんさぐぬ花てぃんさぐぬ花 てぃんさぐぬ花や 爪先(ちみさち
風 風の中 輝いていた 君が流した涙
自由自由 青いこの空 見上げたら 温かい涙
サクラサクラ ああ 桜色の時を歩こう つなぐ未
島人ぬ宝島人ぬ宝 僕が生まれたこの島の空を 僕は
イラヨイ月夜浜イラヨイ月夜浜 唄者達ぬ夜が更け 踊者達ぬ夜が
少年時代少年時代 夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれ
- - - ◆ 曲名 - - - ◆ 歌い出し
さよなら夏の日さよなら夏の日 波打つ夕立のプール しぶきを上
海岸通海岸通 あなたが船を選んだのは 私への
島唄島唄 でいごの花が咲き 風を呼び 嵐が
風になりたい風になりたい 大きな帆を立てて あなたの手を
TSUNAMITSUNAMI 風に戸惑う弱気な僕 通りすがる
涙そうそう涙そうそう 古いアルバムめくり ありがとう
花 川は流れて どこどこ行くの 人も
赤い実赤い実 街角で 赤い実を かじる女の子
ぷれぜんとぷれぜんと 初めて出会ってから いくつもの
思い出のアルバム思い出のアルバム いつのことだか 思い出してごら
アカネ色 〜あなたの声がする〜アカネ色 〜あなたの声がする〜 日溜まりの場所を離れた 私はち
たからものたからもの いつだってママは あなた(子供)
平和の歌平和の歌 幾千もの時を越えて来た 果てな
鳳仙花鳳仙花 ずっと離れることがないように
夏空夏空 セミの声 影法師 ゆらゆら揺れて
曇りのち晴れ曇りのち晴れ 曇りのち晴れ やさしい雨が 街を
なんとかなるさなんとかなるさ 今日もやって来た 集え仲間達 日
月 月よ 悲しみや孤独に打ちのめさ
ゆくいゆくい おつかれ 今日はゆっくり 心休め
少年少年 少年はいつも果てない空を見てい
アカユラアカユラ 美(かい)しゃ 田んぼに映る夕日
こころこころ 今日という日に出逢えたことを
温かい手温かい手 ねえ 温かいものは あなたの 隣
糸 なぜ めぐり逢うのかを 私たちは
遠く遠く遠く遠く 遠く遠く離れていても 僕のこと
川の流れのように川の流れのように 知らず知らず 歩いて来た 細く長
TRAIN-TRAINTRAIN-TRAIN 栄光に向かって走る あの列車に
贈る言葉贈る言葉 暮れなずむ町の 光と影の中 去り
童神〜ヤマトグチ〜童神〜ヤマトグチ〜 天からの恵み 受けてこの地球に
星のラブレター星のラブレター 庭に出て 月あかりで あたたかい
浪漫飛行浪漫飛行 「逢いたい」と思うことが 何よ
はじめてのチュウはじめてのチュウ 眠れない 夜 君のせいだよ さっ
さくら(独唱)さくら(独唱) 僕らはきっと待ってる 君とまた
夢をあきらめないで夢をあきらめないで 乾いた空に続く坂道 後姿が小さ
やさしさに包まれたならやさしさに包まれたなら 小さい頃は神さまがいて 不思議
LOVE LOVE LOVELOVE LOVE LOVE ねぇ どうして すっごくすごく好
言葉にできない言葉にできない lalala…lalala‥ 終わる筈のな
First LoveFirst Love 最後のキスは タバコの flavor
雨の物語雨の物語 化粧する君の その背中がとても
黄金の花黄金の花 黄金の花が咲くという 噂で夢を
木綿のハンカチーフ木綿のハンカチーフ 恋人よ 僕は旅立つ 東へと 向う
ひこうき雲ひこうき雲 白い坂道が空まで続いていた ゆ
22才の別れ22才の別れ あなたに「さようなら」って言え
会いたい会いたい ビルが見える教室で ふたりは机
秋桜秋桜 うす紅の秋桜が秋の日の 何気な
卒業写真卒業写真 悲しいことがあると 開く皮の表
チェリーチェリー 君を忘れない 曲がりくねった道
ありの歌ありの歌 ありは今日も働いている ありは
青い宝青い宝 青い空 青い海 蒼い風がある あ
変わらぬ「青」変わらぬ「青」 光る波と澄んだ風は 永遠にずっ
でもね・・・でもね・・・ ねぇ わたし いけない人 好きに
木蘭の涙木蘭の涙 逢いたくて 逢いたくて この胸の
ふるさとふるさと 薄れてしまう気持ちもある 止ま
たしかなことたしかなこと 雨上がりの空を見ていた 通り過
涙こぼしても 汗にまみれた笑顔
やさしいキスをして あなたの一日が終わる時に そば
部屋とYシャツと私 お願いがあるのよ あなたの苗字
M いつも一緒にいたかった となり
雪の華 のびた人陰(かげ)を 舗道に並べ
ワダツミの木 赤く錆びた月の夜に 小さな船を
みんな空の下 涙流さない どんなに辛くても 誰
人魚 アカシアの雨にうたれて 泣いて
旅の途中旅の途中 行き先も決めずに 乗り込んだ各
母さんのようになれるかな母さんのようになれるかな ほんとにほんとに頑張ってきた
日常の歌日常の歌 気が付いたら いっぱいになった
何もしなくていいよ何もしなくていいよ そっと想い起こす 過ぎた日々の
きっと大丈夫きっと大丈夫 涙をこらえすぎると うまく泣け
まばたきまばたき もしも 君が泣くのなら その涙
きっと、ずっときっと、ずっと 窓の外は 何にも見えない 曇り空
いいんだよいいんだよ いいんだよ そのままで 眠れない
ジュゴンの涙ジュゴンの涙 月夜に舟を漕げば 金の波が揺れ
二人の目覚まし時計二人の目覚まし時計 その目覚まし時計に やっと手を
ねごとねごと 少しのことは気にしない… そん
忘れもの忘れもの よけいな電話したみたいね ゴル
渋谷川渋谷川 どこまでも どこまでも青い海を
記憶の彼方に記憶の彼方に 赤花 揺れてる 風道 知った顔が
想い想い 夕暮れの海 一人眺めている 叶う
雨があがる前に雨があがる前に 本当のことはいつでも 心の中閉
羽ばたき羽ばたき 青い海と手を繋ぎはしゃぐ自由な
モーカバナモーカバナ モーカバナよ 輝く 一夜花 清ら
君がいるから君がいるから 君に出会えて嬉しかった 壊れそ
未来図未来図 この街に来てから どのくらい経
君が背負っているもの君が背負っているもの 君が背負っているものを ここに
2人なら2人なら 別々の 街に生まれ 別々の 校庭
おかえりおかえり ねぇ笑っていますか? 人波にた
夏空の下夏空の下 雨上がりの匂い 懐かしい道 この
ありがとうありがとう ルルルル… 風が気持ちいいね 木
  ▲TOP


歌詞ナビ新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.