天使たち GOING UNDER GROUND 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

GOING UNDER GROUND
公式サイト
天使たち  ♪  GOING UNDER GROUND
作詞 : 松本素生
作曲 : 松本素生

叫ぶには声じゃなく あの時噛んだガムの味
心の奥で鳴らし続ける 新しくなるために

うらぶれて帰る道 煌めく日々が照れくさい
感傷さえもかき消す東京(まち)で 僕らは生きてる

さよならじゃない旅立ちを
夢見ながら

青春の果てに何がある?
あの夜かけた鍵を開けた
時計の針よ 動いてくれ

読みかけの文庫本 余白に書いて消した歌
心の奥で鳴らし始める 新しい日々に

何処へ行こうか、何処へでも
君を連れて

青春の果ての冷たさに
立ち止まるたび思い出す
誰もいない夜を

午前0時38分
飛び乗った最終列車
しゃがみこんで夢見ているあの娘
楽しそうなメロディの
漏れる音にかぶさった
あいつの舌打ちも

青春の果ての冷たさに
立ち止まるたび思い出す
青春の果てに何がある?
あの夜かけた鍵をあけた
振り返るのはもうやめた


ミニ情報
アルバム「Out Of Blue」収録曲
GOING UNDER GROUNDの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
GOING UNDER GROUND「天使たち」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ